モノづくりとアキない

2012年7月27日

生地 リブニット ニット生地
良いモノを作れば売れる。
売れるモノとは良いものだ。

どちらが先で?どちらが後か?

私にとって商品開発を本格的に開始したのは2009年。
ブログで振り返ると懐かしく思いますが愚作、駄作の連続でした。
http://next30.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=7&id=10017229

そのほとんどは前者
つまり「良いモノを作れば売れる」という気持ちが強かったと思います。
ブックカバーや携帯ケース、傘の柄のカバーやノートPCのバックなどなど
作りましたねぇ~ その度にネットで販売するという繰り返しでした。

でもその繰り返しが今に生きているのは間違いありません。
ものづくり側の人間としては作ること、つまり開発は楽しい。
でも楽しいと売れるのは全く別です。

もちろんそれが合致すれば最高ですがそうは問屋は卸しません。
売れる商品とは何か本当に難しい課題ですが
今はそれも楽しくなってきました。

「商いとは飽きない」なんて言う言葉を聞いたことがあります。
もちろんモノづくりは飽きないのですが「商い」の意識を
常に忘れることのないよう肝に銘じます。




2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>