悲願達成!1年越しの念い その2

2012年9月13日

生地 リブニット ニット生地
メゾン・エ・オブジェ 落選の挫折から
見た目で売れるとはどんな商品なのかを考えました。

和柄で日本ぽい。手作りで日本製で・・・
めりやす屋が作っているから「めりやす草履」

ハッキリ言ってダメです。
ハッキリ言ってダサイです。
というか既にパリでは世界では通用しないと
結果が語っています。

じゃあどうすりゃいいんだ?
・・・ ・・・
・・・


生地 リブニット ニット生地
それはやっぱり投資をしなくてはいけないということ。
つまりお金をかけるということと自分自身もそれを
とことん追求しなくてはいけないということです。

香港ファッションウィークに出展が決まってから
まずはデザインその物を考え直しました。

今までの和柄ではなく糸からこだわり
ターゲットに合わせたデザイン。

ではターゲットは?
40歳独身女性でルームシューズに5,000円をかける方。

その人が好むデザインは?
北欧テーストのナチュラルなデザイン。

コンセプトは?
お部屋でくつろぐひとときをやさしく包むアイテム。

生地 リブニット ニット生地
残念ながら香港ファッションウィークで
実際の受注に繋げることは出来ませんでしたが
その後の国内でのデビュー販売にこの生みの苦しみが
大いに役立ちました。

そしてあれから1年。
満を持して再び臨んだメゾン・エ・オブジェの審査。

生地 リブニット ニット生地
このMERIを何としても海外でも販売したい。
逆に言えばこれでダメならまた一からやり直しだと。

生地 リブニット ニット生地
一昨日「社長ジェトロさんからお電話です」

(゚ロ゚)ギョェ 来たぁ=

内心ドキドキでちょっと緊張しながら電話に出ると・・・

生地 リブニット ニット生地
パンフレットを製作するにあたりブランド名からコンセプトの
お手伝いをしていただいた方々。

初の海外出展に向け英語、中国語と翻訳を手伝ってくれた旧友。

そして国内での催事に駆けつけてくれた沢山の全国の同志の方々の応援。

たくさんのたくさんの皆さんのお陰様で
今回、審査を無事に通過することができました!
本当にありがとうございます。 布と生地

もちろん出展できたから世界へ何て甘いものではありません。
この機会を確実に活かして何としても販路を拡大したい。
開催まで約4ヶ月。また忙しくなりそうです。



◎MERI AUTUMN COLLECTION
2012年9月14日(金)~20日(木)
11:00~20:00(但し最終日は19時まで)
恵比寿三越 1階 クロスイーにて
東京都渋谷区恵比寿4-20-7
http://bit.ly/Jen57A

今回期間中、下記の日程で
お好きなコサージュをその場で
選んでいただきその場でお付けする
イベントを開催いたします

◆コサージュカスタマイズイベント
9月15日(土)~17日(月祝)
13:30~17:00
取り付け代込み1,575円(税込)
※前回お買上いただいたMERIへの
カスタマイズも承ります

MERI AUTUMN COLLECTION
September 14-20
AM11:00-PM20:00(However, the final day until 19pm)
Ebisu Mitsukoshi 1F
4-20-7 Ebisu Sibuya-ku Tokyo Japan
http://bit.ly/Jen57A


Facebook Event Page
http://www.facebook.com/events/201043416693669/
Facebook Page
http://www.facebook.com/meri.tokyo







2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=




2 thoughts on “悲願達成!1年越しの念い その2

  1. 製造部  G・・・でした。
    1

    生まれた喜び、飛び上がっちゃいますよね。おめでとうございます。

  2. 下町の莫大将
    2

    Gさん
    ありがとうございます!
    今年は運動会に参加出来そうもありませんが
    またお伺いしますねぇ=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>