第5話 営業はステテコで

2012年11月2日

<<第4話 第6話>>

生地 リブニット ニット生地
2代目、つまり親父の事業継承は、どのような形だったのか?
4人兄弟の長男として育った親父が莫大小業へ足を踏み込んだきっかけは高校時代。
バイクが欲しくて今で言うバイト感覚で祖父の仕事を手伝ったことからだったようです。

当時、車はもちろんバイクだってまだまだ高嶺の花。
しかし1960年代、東京オリンピックを目標に日本は高度成長期まっただ中。
仕事も順調で、出来た品物を毎日のように問屋さんに配達する仕事でした。

その頃の親父に家を継ぐという気持ちはあまりなく夜間の服飾専門学校に通いながら
デザイナーを夢見ていたようです。
この時代は、いわゆる『みゆき族』と言って銀座のみゆき通りを男の子は
アイビールックを崩したスタイル、女の子は、ロングスカートに、頭は
三角折りしたスカーフ、それに紙袋を脇に抱え通りでたむろするという行為。

戦後の高度成長を象徴する若者文化の夜明けのような時代だったのではないでしょうか?
ちなみに先だってTVを見ていたらコシノジュンコさんが『みゆき族の元祖は私よ~』
とおっしゃっていまいした。
何をするわけでもなくファッションの発信の場がみゆき通りだったのか
そんな若者たちがフラフラしていることから、警察への苦情殺到し風紀向上として
警察の取り締まりが行われたというのも時代を反映していますね。

そんな頃、ヴァンヂャケットの石津謙介氏などの影響を受け、親父は製造より
今で言うアパレルの業界へのあこがれを抱き始めていたのです。
しかし、『手伝い始めたら最後』というのは、よくある話し。
結果、そのまま製造業に引きづり込まれていくのです。

そして大学に入ったころか入る前か?祖父が親父に言います。

お前が継がないなら商売をたたむ

仕方無しに大学に通いながら本格的に家業を継ぐという二足のわらじを
履くコトになった親父。
そんな中、お客様への営業周りで大きなショックを受けるのです。

当時、祖父の世代の仕事着といえば U首にステテコ が定番。
皆さんご存じですか?
U首というのは、良く言えば U首のTシャツ
ステテコというのは、良く言えば・・・ 何だろう?
お祭りとかで男性がズボン代わりに履くような白い・・・
良くズボン下とか言うヤツです。つまり、要は下着です。
そうそう、このような下着のことを莫大小と呼ぶこともありますね。

つまりその格好でお客様に行くことも、これまた常識というか何というか
現場の合間に外に出るといった感覚からすると『いちいち着替えてられね~』
といったところでしょうか?

しかし親父はアイビー世代です。
当然、背広にワイシャツ、ネクタイを締めて営業に向かいました。

すると・・・

おお~ 凄いね= 最近の口織り屋は、背広着るんだ~

・・・

親父は、この言葉の裏にある見下された意識を強く感じ
悔しい気持ちで一杯になったと言います。
当時、今こそ、リブやニットパーツなどと横文字で言うことが普通のこの生業
要は、衿や袖などを専門で作っていたことから、袖口、裾口の口を取り
口織り屋』と呼ばれていました。
完成品を作っていない、部品だけを作って納めている、いわゆる下請けという
見方が大半だったのです。

この時、親父は心に誓います。
口織り屋だって立派な商売! 商売に上も下もない!! いつか見返してやる!!!

そんな気持ちの表れだったのか1963年、弊社は法人化されます。

翌年に東京オリンピックを控え世間が右肩上がりの経済に邁進して行く中
二代目の挑戦が始まろうとしていました!


▼1964年当時(ザ・20世紀より)
【飲食】ビール 115円、もりそば 50円
【雑誌】「週刊朝日」50円(5月)
【初任給】大卒 2万1526円


◎steteco.com
現代のステテコは、こんなにおしゃれ!
http://www.steteco.com/


▼Wikipediaより
ステテコとは主に男子が着用する、裾が股より長く膝下丈まであるズボン下である。
猿股や股引とは違い、幅広で肌に密着しない。パンツとズボンの間に履く。
着物や袴の下に履く下着として、明治以降の日本の近代化に伴い全国的に普及した。
素材は綿の平織りで白色。戦後、繊維業が隆盛となった日本では高温多湿の
気候に合わせて素材や織りを工夫した柳揚クレープやキャラコ織の物も登場した。
現在の日常生活においては中年以上の年齢の男性が穿くことが多い。
語源は1880年頃、初代(本当は3代目)三遊亭圓遊の「ステテコ踊り」の
際に、着物の裾から見えていた下着であったためであるといわれている。





2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=




2 thoughts on “第5話 営業はステテコで

  1. 1

    こんにちわぁ↑↑面白い記事でついつい読み入ってしまいました!
    もりそば50円の時代なんてあったんですよね~♪
    ご先代さまもえらいですね↑↑(*^_^*)
    やってやろうという気持ち!みんながみならわなきゃですよね↑↑

  2. 下町の莫大将
    2

    ご笑読ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>