親子二人旅のススメ 第18話

2012年4月25日

<<第17話 第19話>>

生地 リブニット ニット生地

フィレンツェの街に出る前に市場で少しお土産を・・・
生ハムにサラミに・・・

あっ 基本的には日本に持ち帰れませんので
このお話しは自己責任でお願いします。

生地 リブニット ニット生地

でも本当に安いですよねぇ
日本なら一切れ数千円なんて品物が1kg買って数千円。

ちなみに生ハムというと昔、中田選手が所属していたパルマ産が有名ですが
トスカーナではありません。

それから日本で生ハムというと半透明の半生ハムというか・・・
とにかくイタリアやスペインで食べられているものとはまったく違いますが
実は秋田で美味しい生ハムを作っていると最近聞きました。

今度一度試してみたいですねぇ
http://akita-zurali.jp/html/newpage.html?code=84

生地 リブニット ニット生地

さて、まず向かったのは、フェレンツェの街を一望出来る
ミケランジェロ広場

生地 リブニット ニット生地

この光景は定番中の定番です 布と生地

生地 リブニット ニット生地

行きは、バスで来ましたが帰りは歩いて丘を降りることにしました。

生地 リブニット ニット生地

遠目に見えますが直線距離なら意外と近いんですよねぇ

生地 リブニット ニット生地

アルノ川沿いを歩いていると対岸には、ウフィツィ美術館などが
徐々に見えてきます。

生地 リブニット ニット生地

そして目の前には、ポンテベッキオ。
ポンテは「橋」、ベッキオは「古い」

生地 リブニット ニット生地

この橋の上にはたくさんの金細工などの宝石店が軒を並べています。

生地 リブニット ニット生地

橋を渡って中心街に戻ってきました。
フィレンツェ。英語ではフローレンスは世界的な観光地。

生地 リブニット ニット生地

国内外からたくさんの観光客が訪れますが
ルネサンス発祥の地。街自体がアートなフィレンツェには
美術を志す学生も多く集います。

生地 リブニット ニット生地

対岸からみたウフィツィ美術館があるシニョーリ広場
ここからはちょっと裏道散策

生地 リブニット ニット生地

雑踏から逃れ裏道の小さなバールで一休み。
この日も天気は良すぎるほどでおそらく気温は夏日。
息子はジェラートを食べた後、日本に絵はがきを書いていました。

生地 リブニット ニット生地

写真では昼間のようですが日の長いヨーロッパ
すでに時刻は夕方になっています。

生地 リブニット ニット生地

帰りがけにドゥーモを見ながら
ホテルへと戻ることに

生地 リブニット ニット生地

お腹も空いてきたのでお楽しみの夕飯へと出かけるとしますか






2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>