何かおかしい?と思う感覚の大事さ

2012年7月17日

生地 リブニット ニット生地
将来のエネルギー政策に関する国民の意見聴取会の
ニュースを見て感じるコト。

こいうことを平気な顔をしてやり過ごそうとする姿勢
これは完全に国民を無視ししているというか
馬鹿にしているとしか思えません。

抽選で選んで必ず原発関係者が含まれる。
そしてあの発言。
世が世なら彼等の身の危険もあり得るでしょう。

彼等は会社を守るため上からの圧力で
発言しているのか?それとも本心なのか?
いずれにしてもあれだけニュースで
発言者の顔が出ていることは別の意味で心配です。

細野さんが福島での意見聴取会はやり方を考え直すと
発言しているようですが、この事態を予測できなかったとすれば
それは福島の人たちの気持ちに立っていない表れで有り
もし何かやったという実績作りのために分かっていて
やったとしたら、これは国家ぐるみの情報誘導と
考えても決して考え過ぎではないでしょう。

いずれにしてもこの違和感を見過ごせば
太平洋戦争時のようにエネルギーを理由に
国民をある方向性に誘導するような政府に陥る可能性が
ないとは言えない。

このままでは民主党は、いずれ行われる衆議院選挙で
完全に支持を失うことは火を見るより明らかです。
ただ、問題は自民党がそれに変わるかのような
風潮もそれもまた違和感を感じざるを得ません。

なぜなら原発そのものをそもそも推進し続けてきたのは
自民党その物です。
ですから民主党がダメだから自民党に戻すと言うことは
それはそれである種、問題が無いとは言えません。

17万人とも言われた昨日の「さようなら原発10万人集会」。
そろそろ梅雨明けで猛暑の日々が始まります。
電力の問題がまたクローズアップされますが
「だから電力が必要だ」という言い訳には
簡単に納得をしてはいけないのです。


2位じゃダメなんですかぁ~(笑)
にほんブログ村地域生活(街) 東京ブログ 墨田区情報へ
ポチッとよろしく銅像=




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>